« 外国会社の登記(6) | Main | 渉外案件諸々の日 »

April 21, 2005

オフィス探しと契約書のレヴュー

 今日は、朝一番で、遺産分割協書の審判正本を英訳したものを家庭裁判所に届けた。この英訳を添付して外国にいる相手方に送達してもらうことになる。
 また、午前中に、韓国の会社の担当者が日本にオフィスを探すというので、韓国人のインターンと弊事務所スタッフ1名がアテンドした。日本でも、借地、借家の契約に関しては、各地の慣習によって、違いがあるが、韓国も日本とは、違っていて、そのあたりを説明するのが難しい。
 午後は、日本にすでに会社を設立して、PC等の備品を購入したりしている外資系の会社が、各種のリース契約書や保守契約書のレヴューを依頼してきた。このような契約書は、相手方である販売会社や保守会社などが、準備してくるが、かなり大手の会社でも英文の契約書を準備はしていない。そこで、コストが見合い、かつ、時間的余裕があれば、まず、契約書自体を英訳するのであるが、そうでない場合は、コメントする部分だけを英訳する。英訳も時間はかかるし、英訳の正確さにもとても神経を使う。渉外事件はやはり大変だ。

|

« 外国会社の登記(6) | Main | 渉外案件諸々の日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/3796290

Listed below are links to weblogs that reference オフィス探しと契約書のレヴュー:

« 外国会社の登記(6) | Main | 渉外案件諸々の日 »