« 宣誓供述書は誰が作成するか?(続き) | Main | 腰痛から復帰 »

May 22, 2005

大連視察ツアーのご紹介

MBAホルダーの有志である「MBA中国フィールドスタディ2005(In大連)実行委員会」が企画する中国大連視察ツアーの紹介、同委員会からの案内を転載します。

******** 以下大連ツアーのご案内 ********

MBA中国フィールドスタディ2005(In大連)のご案内
~ 中国に詳しい日中のMBAが企画するビジネスツアー ~
(参加者はビジネススクールの学生やMBAに限定しません)

皆様へ

 平素は「MBAネットワーク21」をご愛顧いただきまして、誠に
ありがとうございます。
 さて、7/16(土)~19日(火)に「MBA中国フィールドスタディ
2005(In大連)」を企画することが決定いたしましたので、ご案内
申し上げます。
 昨年11月に「MBA中国フィールドスタディ2004(In上海)」を
開催し、定員いっぱいの30名の方々にご参加いただきました。また、
ご参加いただいた皆様には「参加して本当に良かった」と大変好評でした。
そこで、今年は多数の日系企業が集積するとともに、海がきれいで海産物
がおいしい東北の港町、大連に場所を移して、更にバージョンアップした
ビジネスツアーをご提供いたします。
 これまで「日中ビジネスネットワーク」などを中心に、中国関係の
イベントを数多く開催して参りましたが、やはり急成長している中国を
直接ご覧いただくことが最も重要であると考えます。メーカー、IT
企業、サービス会社を数多く訪問するだけでなく、有名大学ビジネス
スクール副院長やジェトロ大連事務所所長による講演会、大連のビジネス
パーソンとの交流会など、MBAネットワークをフル活用したオリジナル
企画を数多く盛り込みました。また、忙しいスケジュールの中で、大連
市内の観光や本場の中華料理も十分楽しんでいただけるよう工夫して
あります。
 ≪本ビジネスツアーの特色≫
  ●中国に詳しい日中のMBAがネットワークをフル活用して企画
  ●僅か1日の休暇取得で参加が可能
  ●企業、講演者、観光、ホテル、食事の全てにこだわりを持って厳選
  ●今回のツアーで大連に30名以上の知り合いができる
  ●ハイクオリティ&リーズナブルプライス(可能な限り安さを追求)
 なお、夏休み期間のため定員に達する可能性も十分ありますので、参加
ご希望の方はお早めにお手続きをお願い致します。また、5月16日(月)
までに受付確認の返信メールが届かない場合には、必ず、090-1537
-5868(森谷)までご連絡ください。
 今、世界で最も注目されている国、中国を実感していただく、非常に
貴重な機会です。ぜひ、多くの皆様にご参加いただければと思います。

「MBA中国フィールドスタディ2005」実行委員会

==================================================================
        MBA中国フィールドスタディ2005
             ( In 大連 )
==================================================================
 主催:MBA中国フィールドスタディ2005(In大連)実行委員会
 後援:MBAネットワーク21、日中ビジネスネットワーク
==================================================================

≪概 要≫
■日 時:7月16日(土)~19日(火)
     *18日(月)は「海の日」で祝日
■場 所:中国大連市
■参加者:MBAネットワーク21および分科会の会員
     日中ビジネスネットワーク、日中ITビジネスネットワーク、
     東京⇔上海ビジネスネットワーク、上海⇔東京ビジネスネット
     ワークおよびの会員
     *ビジネススクールの学生やMBAに限定しません。
■MBA中国フィールドスタディ2005(In大連)実行委員:
 【日本側】森谷一郎(青山学院大学MBA)
      福井幸博(富山大学MBA)
 【中国側】玄 明哲(富山大学MBA)
      陳  平(東北財経大学MBA)
■旅行日程: *スケジュールは暫定で変更の可能性があります。
 7月16日(土)
   午前 : 8:15成田空港集合
        全日空NH903便で大連へ(成田発10:15→大連着12:15)
   午後 : バスにて市内へ移動
        日系企業訪問(産業機械製造工場)
        中国系企業訪問(IT企業および建設会社)
        ホテルチェックイン
   夜  : 超一流レストランで大連名物の海鮮料理を堪能
        *大連の日本人および中国人ビジネスパーソンや起業家を招待
 7月17日(日)
   午前 : 大連軽工大学ロボット研究所視察
        観光または市内でショッピング
   午後 : 東北財経大学MBA学院見学
        講演会
         東北財経大学MBA学院副院長
         「日中ビジネスにおける大学の役割(仮題)」
         ジェトロ大連事務所所長
         「大連における日系企業のビジネス展開(仮題)」
   夜  : 大連⇔東京ビジネス交流会
        *一流ホテルの宴会場で立食パーティ
        *東北財経大学のMBAおよびEMBAと日中ビジネス交流
 7月18日(月)祝日:海の日
   午前 : バスで大連経済開発区へ移動
        日系大手電機メーカー工場視察
   午後 : 中国系企業訪問(3社程度) 
        *大連の製造業およびサービス業
   夜  : 本場の餃子パーティ&ツアー打ち上げ
        *餃子の手作りセミナー
 7月19日(火)
   午前 : ホテルチェックアウト
        中国系企業訪問(商社)
        大連市対外事務所視察または市内でショッピング
   午後 : 全日空NH904便にて帰国(大連発13:15→成田着15:05)
        成田空港で解散
■ツアー内容:
 使用予定航空会社 : 全日空(ANA)
 使用予定ホテル  : スイスホテルまたは同等クラスの5つ星ホテル
■参加費:
 13~15万円程度(飛行機代、ホテル代、現地バス、通訳費用など)
 *最終的な参加人数や飛行機代などによって変動いたします。
 *一人部屋をご希望の場合は、1~2万円程度上乗せになります。
≪参加申込方法≫
■参加申込先
 下記のメールアドレスにメールをお送りください。
  mba21_dailien@yahoo.co.jp(実行委員会専用)
■連絡事項:
 ・会社名および大学名
 ・氏名
 ・メールアドレス
 ・緊急連絡先(携帯電話番号など)
 ・その他(「MBA中国フィールドスタディ2005(In大連)」
  への要望および質問など)
■締め切り
 5月18日(金)
■定 員:約20名(予定)
■注意事項
 ・定員(約20名)になり次第締め切らせていただきますので、
  お早めにお申し込みください。
 ・参加申し込み後、出発前日までキャンセルを受け付けますが、出発
  1ヶ月前を過ぎた場合は所定のキャンセル料を徴収いたします。
======================================================================
----------------------------------
         「MBAネットワーク21」とは?
----------------------------------
 「MBAネットワーク21」は、慶應義塾大学、早稲田大学、青山学院
大学、明治大学、産能大学、筑波大学、中央大学、立教大学、一橋大学など
日本国内のビジネススクールの学生および卒業生(MBA)を中心とする
交流会。会員同士の交流や研鑚を通じて、21世紀のビジネス界の発展に
貢献しうる人材の育成を目指して2000年10月に発足。現在、ゲストを
招いての講演会および交流会を定期的に開催している。会員数は約600名
で、日本では最大規模のビジネススクールの学生組織。
----------------------------------
         「日中ビジネスネットワーク」とは?
----------------------------------
 「日中ビジネスネットワーク」は、「MBAネットワーク21」の分科会
として2003年11月に発足。ビジネススクールの学生および卒業生
(MBA)を中心に、日中ビジネスに関心を持っている人々をネットワー
キングし、日中ビジネスのプラットフォームを目指す。定期的に講演会や
交流会を主催するとともに、中国人留学生の起業支援や日本企業の中国
ビジネス支援などにも取り組む。現在会員数は約450名(日本人約280
名、中国人約170名)。
========================================================================


|

« 宣誓供述書は誰が作成するか?(続き) | Main | 腰痛から復帰 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/4240115

Listed below are links to weblogs that reference 大連視察ツアーのご紹介:

« 宣誓供述書は誰が作成するか?(続き) | Main | 腰痛から復帰 »