« 外国会社の登記(10) | Main | 連休明けはリハビリが必要 »

May 09, 2005

外国子会社の解散・清算

 当事務所では、日本に進出する外国会社の仕事も多いが、逆に、日本から撤退する会社の仕事もかなりある。一時期は、アメリカの通信系の会社の撤退が目立った。外資系の場合、撤退もすばやい。あっという間に、従業員を解雇して、オフィスを取っ払ってします。そのような場合、債権の回収、債務の弁済、解散清算の法的手続きの履践などの清算事務をひっくるめて受託することがある。現在も数社がそうのような状態にある。

 外国会社の日本子会社の解散・清算の場合、親会社から日本子会社への多額の貸付金があり、債務超過になっていることがよくある。この場合、ある一定の時点で、債権放棄してもらうという前提で、特別清算にすることなく、通常清算で手続きを進める。裁判所もこの当りは柔軟に対応してくれる。債権放棄のタイミングは、税理士と相談して決定する。

 

|

« 外国会社の登記(10) | Main | 連休明けはリハビリが必要 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/4051287

Listed below are links to weblogs that reference 外国子会社の解散・清算:

« 外国会社の登記(10) | Main | 連休明けはリハビリが必要 »