« ウィルス発見 | Main | 美味いものをたくさん食べた »

June 13, 2005

母の思い

 当家は、自宅の建替え準備でてんてこ舞いだ。私は、仕事が忙しくて、家内にまかせっきり。

 母が、荷物を整理していて、とんでもないものを引っ張り出してきた。昭和33年9月24日に交付された私の母子手帳と小学校から高校生までのすべての通信簿だ。よくもまあ、こんな古いものを取っていたものだ。ずーっと、私の成長を見守っていたのだ。今でも、見守っているつもりらしい。「早く寝なさい」、「酒を飲みすぎないようにしなさい」

 ・・・「こんなに遅くまで何していたの」、「誰と飲んでいたの」・・・これは女房の言。もう一人監視人がいる。

 話しは元に戻すが、問題は、私の通信簿の扱いだ。女房と子供に見せるべきか、否か?

 実は、ひどい内容だ。

 5段階評価の場合は、3が一番多く、次に2が多く、たまに4がある。

 上中下の場合は、中が一番多く、次に下が多く、上がたまにある。

 「努力を続ければ、人並みに暮らせるよ」とでもまとめるか?

 うん、見せるか。せっかく、お袋が、暖めていたのだから、このまま葬り去るわけにも行かない。

 

|

« ウィルス発見 | Main | 美味いものをたくさん食べた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/4544793

Listed below are links to weblogs that reference 母の思い:

« ウィルス発見 | Main | 美味いものをたくさん食べた »