« 土地取得の競争激化 | Main | エスケープ »

July 21, 2005

大連視察旅行(1)

大連視察旅行(1)

7月16日から7月19日にかけて実施された中国の大連市への視察ツアーに参加した。

このツアーは、国内MBA取得者の研究会の仲間達が中心になって企画したものである。参加者は皆、中国関連のビジネスに関わっているか、あるいは、これから関わろうとする者たちである。現地駐在中の参加者も含めて20名で日系企業や地元企業のオフィスを視察した。

大連市の外資系企業の受け入れ態勢、人材などを含むインフラ整備の状況、経済状況、社会制度等を見聞した。

私の参加目的は、4つある。

第1に、日系企業が大連に進出する場合に具体的にどうすればよいのか?一般的、基礎的情報の収集のほかに共同して仕事を行う現地弁護士の候補者探しなどを行うことである。

第2に、ある地方自治体の外資系企業発掘事業に関するアドバイザーとしての仕事の執行である。他の地方自治体の大連事務所の設置状況、誘致活動の状況等を調査すること。実際に、対日進出希望企業への訪問等である。

第3に、大連の海鮮料理を食べること。

第4に、滞在中、毎日、マッサージを受けること。

目的は、80%達成した。

視察の報告は、後ほど行うが、大連の町の印象について述べる。一言で言うと、中国で言われていることであるが、大連は「中国の日本」である。中国の急成長中の企業は、ほとんど皆、日本が第一の顧客である。特に、ソフトウェア産業は、日本のオフショア開発の拠点として、急成長中である。

これほどまでに、日本と経済的に緊密な町は、ハワイとこの大連くらいだろう。大連経済は、日本無くして成り立たない。そして、日本企業の多くも、大連無くしては成り立たない。

私の予想では、大連と日本の経済的緊密性は、これからますます強くなると強く感じる。しかも、その緊密化は加速している感がある。

|

« 土地取得の競争激化 | Main | エスケープ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/5076213

Listed below are links to weblogs that reference 大連視察旅行(1):

« 土地取得の競争激化 | Main | エスケープ »