« 衆議院千葉7区補選が熱い | Main | 外国会社が、100%出資して、持分会社を設立することができるか? »

April 24, 2006

リミテッド・パートナーシップ

 昨日の衆議院千葉7区補選は、見込み違いだった。接戦は予想したが、まさか民主党が勝つとは思わなかった。そう、太田氏が勝ったというより、民主党、さらに言えば小沢代表が勝ったというべきである。勝因は、浮動層が、小沢代表への期待票を多く投じたことにある。私も期待する。自民党への牽制機能を果たして、バランスのとれた政策がとられることを期待したい。

 午前中、タイの会社の役員と打ち合わせ。リミテッド・パートナー・シップの日本ブランチに関して外国会社の登記をすることになる。スケジュール的に会社法にしたがって、手続きを進めることにした。「日本における同種の会社又は最も類似する会社の種類」はどれか?パートナー及びその中から選任されている無限責任を負うジェネラル・マネジャーがいる。ネットで、調べるとタイの会社法制は、英米法を継授しているようだ。合資会社に従って登記することにした。

 タイの会社の外国会社の登記の申請書に添付する宣誓供述書だが、駐日タイ大使館に問い合わせると少し変わった手続きをとることになる。これについては、後日、報告する。

 午後、台湾の会社の方と打ち合わせをする。台湾の会社が日本に子会社を設立する場合の注意点、手続きの流れ及びコスト等についてご説明をした。

 夕方、出版社の方と打ち合わせ。一般向けのマニュアル本を出したいという意向である。スケジュール的にタイトだが、内容的に負担が軽そうなので、執筆を受託した。

|

« 衆議院千葉7区補選が熱い | Main | 外国会社が、100%出資して、持分会社を設立することができるか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/9746681

Listed below are links to weblogs that reference リミテッド・パートナーシップ:

« 衆議院千葉7区補選が熱い | Main | 外国会社が、100%出資して、持分会社を設立することができるか? »