« ワールドカップの日本代表23名決定 | Main | 早起き »

May 16, 2006

外国会社か?日本法人か?

 昨晩は、北青山にある「SABATINI」という老舗のイタリアンレストランで、知り合いの税理士と食事をした。なかなかそれらしい雰囲気があり、食事もとても美味しかった。

 お互いにクライアントのセグメントが共通しており、クライアントを紹介し合う関係にある。普段しょっちゅうメールや電話でやりとりをしているのにほぼ1年くらい会っていない。そこで、たまには情報交換を兼ねて食事でもしようということになった。事務所の経営のことや諸々について話し合った。

 実務的なことで、外国企業が日本に進出する場合の進出形態について議論した。特に、外国会社の支店を設置するか、あるいは、日本法人を設立するか?

 お互いに一般論としては、日本法人を設立することを薦めるということで一致した。確かに外国会社の支店の設置及び登記の手続きは、株式会社を設立するより容易だ。ただ、それ以降については、デメリットが多い。

 基本的には、外国会社であっても、確定申告、社会保険や健康保険の加入などが必要な点では同じだ。税務的には、外国会社の申告の場合は、申告先が国税庁になったり、本社の計算書類が必要になったりと、申告時の面倒がある。また、法人住民税の均等割は、本国の資本金が算定の基準になるので、本国の資本金が大きいと均等割の負担も大きくなってしまう。

 また、たとえば日本国内で訴訟沙汰に巻き込まれた場合、日本法人の場合は、外国の本社は訴訟当事者になることを避けることができる。株主としてのリスクを負うだけで済む。しかし、外国会社の支店の場合は、本社と同一の法人格なので、外国会社そのものが訴訟の当事者になってしまう。日本企業が外国に進出する場合は、この点を考慮して、現地法人を設立するのが通常だ。

 

|

« ワールドカップの日本代表23名決定 | Main | 早起き »

Comments

こんにちは。
六本木通り沿いのANTONIO'sもうまいですよ。SABATINIより安い。

Posted by: まきの | May 20, 2006 at 10:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/10098366

Listed below are links to weblogs that reference 外国会社か?日本法人か?:

« ワールドカップの日本代表23名決定 | Main | 早起き »