« 日本対オーストラリア戦は、ワンセグで見る | Main | タフな日が続く »

June 13, 2006

日本代表敗れる!

 日本代表がオーストラリアに1対3で敗れた。選手が試合の流れを読む力があり、かつ、監督の適切な選手交代があれば勝てた。

 後半の前半は、日本のペースであった。ここでは、全力でもう一点を取りに行く時間帯であった。マラソンで言えば、スパートをかけて、一気に引き離しにかかるべきチャンスだった。選手は、全力で、もっと早く、正確に、そして丁寧に攻撃すべきであった。

 選手は、このマラソンでいう「スパート地点」を読みきれなかった。

 さらに、監督は、この「スパート地点」で、選手に「スパート地点」であることを知らせる意味でもFW大黒を投入すべきであった。投入が遅すぎた。

 最後は、戦略抜きの消耗戦になったが、気力に勝ったオーストラリアが「戦い」に勝利した。

 これで、日本の1次リーグ突破の可能性はほとんど無くなった。しかし、最後まであきらめてはいけない。何があるかわからない。最後が、ブラジルだということに深い意味がある。サッカーは、スポーツであるが、それがすべてではない。スポーツであることはサッカーの一部であり、サッカーは戦いでもあり、ビジネスでもあり、人生でもある。

|

« 日本対オーストラリア戦は、ワンセグで見る | Main | タフな日が続く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/10507868

Listed below are links to weblogs that reference 日本代表敗れる!:

« 日本対オーストラリア戦は、ワンセグで見る | Main | タフな日が続く »