« サハリン2事実上の事業停止 | Main | 外国会社と合併の登記 »

September 20, 2006

大阪市は、外資系企業を歓迎しています

 今年は、大阪市(財団法人大阪国際経済振興センター)の外資系企業誘致のアドバイザー業務を請け負っている。

 最初、東京に進出した外資系企業は、業種にもよるのだが、ビジネスが拡大してくると西日本に拠点を設けることを検討し出す。そのようなステージにある外資系企業を発掘するのが仕事だ。

 外資系企業の方で、西日本への進出を検討している企業はぜひとも大阪市を検討していただきたい。いろいろな助成制度もある。

 1次進出でも、中国やタイなどのアジア諸国にとって、東京に比較してオフィス賃貸料が安い大阪市は、進出しやすい地域になっている。現に、大阪市に進出する外資系企業の内訳を見ると、欧米系よりも中国を中心とするアジア諸国の企業の方が多い。今後、この傾向は益々高まると予想する。

|

« サハリン2事実上の事業停止 | Main | 外国会社と合併の登記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/11968721

Listed below are links to weblogs that reference 大阪市は、外資系企業を歓迎しています:

« サハリン2事実上の事業停止 | Main | 外国会社と合併の登記 »