« お土産は不可欠 | Main | 遺産分割協議審判書の英訳 »

January 12, 2007

ヘッドハンターからメールが来た

 今日は、久しぶりに不動産取引の立会いをした。取引金額が大きいせいもあるが、やはり不動産取引は、緊張する。融資は、アジア系の銀行がしたが、日本の銀行と違って、手続が大分緩やかであると感じた。

 外資系ヘッドハンターからメールが来た。何を勘違いしているのか、時々来る。私は、経営者だ!と返事したら、大手渉外弁護士事務所で働きたい若い司法書士がいたら、紹介してくれと言われた。

 うちから引き抜くなよ!

|

« お土産は不可欠 | Main | 遺産分割協議審判書の英訳 »

Comments

合同会社に相当している外国会社の登記はどうするのか。。などの照会に回答がないがそんなに時間かかるものなんですか。

Posted by: みうら | January 12, 2007 at 08:22 PM

同様の照会に対して、東京法務局では、すぐに回答をいただいたと記憶しております。

Posted by: 栗原 | January 12, 2007 at 09:19 PM

組織変更に準じて処理するのですか・・

Posted by: みうら | February 03, 2007 at 10:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/13452325

Listed below are links to weblogs that reference ヘッドハンターからメールが来た:

« お土産は不可欠 | Main | 遺産分割協議審判書の英訳 »