« 夏休みまで頑張ろう! | Main | 今月は、無休で働く! »

May 21, 2007

外国会社の営業所の移転の登記

 【ケース】外国会社の登記に関して、A営業所をA営業所所在地の管轄法務局からB営業所所在地の管轄法務局への登記申請。日本における代表者XがA営業所所在地の管轄法務局とB営業所所在地の管轄法務局のそれぞれに別の印鑑を届出ている場合。

 【処理の仕方】まず、前提として、日本における代表者Xは、A営業所所在地の管轄法務局とB営業所所在地の管轄法務局のそれぞれに別の印鑑を届出ることができる。A営業所をB営業所管轄に移転する場合の移転登記は、A営業所所在地の管轄法務局を経由して行う。

 この場合、A営業所所在地の管轄法務局では、新旧両法務局へ申請書を提出するが、B営業所管轄の法務局への申請書に添付する委任状には、当該法務局へ届出ている印鑑を押印する必要がある。かつ、当該印鑑の印鑑証明書を添付する必要がある。

|

« 夏休みまで頑張ろう! | Main | 今月は、無休で働く! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/15152357

Listed below are links to weblogs that reference 外国会社の営業所の移転の登記:

« 夏休みまで頑張ろう! | Main | 今月は、無休で働く! »