« 今年の積み残し | Main | 株式の持ち合いは、最も低コストの買収防衛策? »

December 18, 2007

みなし第二種金融商品取引業者の登録

 信託受益権販売業者は、金融商品取引法の施行日(2007年9月30日)において、金融商品取引法第29条の第二種金融商品取引業者の登録を受けたものとみなされるが、施行日から起算して3ヶ月以内に、登録申請事項及び添付書類を内閣総理大臣に提出しなければならない。

 当事務所のクライアントも9社は、提出が完了した。残りは、あと2社だが、何とか、期限内の提出ができそうだ。

 年明けからは、少し重い新規の第二種金融商品取引業と投資助言・代理業の登録申請も出てくる。さらに、重い投資運用業については、もう少し準備期間が要りそうだ。

 

ムンバイ市内、暑い!ホテルの近くのビーチとアラビア海

|

« 今年の積み残し | Main | 株式の持ち合いは、最も低コストの買収防衛策? »

Comments

供託金の取りもどしもですね・・
連日官報にたくさん出ていますね・・

Posted by: みうら | December 18, 2007 at 08:33 PM

普通は、真先に供託金の取り戻しをやりますよね。

Posted by: YK | December 19, 2007 at 10:20 AM

公告費用がもったいないので・・10年後に取り戻します・・という人もいるようですね・
10年たてば、公告不要だから・・

Posted by: みうら | December 19, 2007 at 07:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/17401915

Listed below are links to weblogs that reference みなし第二種金融商品取引業者の登録:

« 今年の積み残し | Main | 株式の持ち合いは、最も低コストの買収防衛策? »