« CRM(顧客関係管理)の重要性 | Main | 中国商務部における海外投資の許認可 »

January 24, 2008

Web2.0の有効性

 Web2.0とは、未だに明確に定義されてはいない。また、もともと漠然としたものなので、厳密に定義しようとすることは無意味だろう。Web.2.0が不明確なのにWeb3.0と言い出している人もいる。

 ビジネスにおいては、Web2.0とは、Webツールを利用した新しいビジネスモデルと考えればよく、Web3.0は、より新しいものといえよう。もっとも、それぞれの概念が不明確だからどれが2.0で、どれが3.0に属するかはわかりようがない。そんな不明確なものだ。

 このブログは、司法書士を目指す人、あるいは若き司法書士のために「こんなやつもいる」というのをわかってもらうために始めた。だから、司法書士の扱う渉外事件の内容、司法書士試験、渉外事件に関するご質問があった場合には、丁寧に回答するようにしている。

 しかし、このブログのたった一つのキーワードが、検索エンジンにかかって、事務所のHPにたどり着き、仕事のご依頼を受けるに至ることが多々ある。最近は、不動産総合投資顧問業や金融商品取引業の登録のお問い合わせが目立つ。

 しかし、虚像であれば、お客様にとっては、甚だ迷惑なことだ。虚像と言われないように一生懸命に努力したい。

|

« CRM(顧客関係管理)の重要性 | Main | 中国商務部における海外投資の許認可 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/17819904

Listed below are links to weblogs that reference Web2.0の有効性:

« CRM(顧客関係管理)の重要性 | Main | 中国商務部における海外投資の許認可 »