« スパムメールは、何とかならないものか? | Main | 約4時間の着金待ち »

June 09, 2008

渉外事件諸々

 しばらく止まっていた相続事件が動き出した。相続を証する書面が揃っているかを再確認する。遺産分割協議がアメリカ在住の法定相続人とできない案件だ。いきなり審判の申し立てに持って行く予定。

 今取扱い中の外資系企業の対日進出案件は、下記のとおり。

 1.オーストラリアの医療関係のビジネスを行う会社の子会社である株式会社の設立。

 2.アメリカのある業界に特化したコンサルティング会社の子会社である株式会社の設立。

 3.シンガポールに親会社がある中国の会社の孫会社である株式会社の設立。

 4.中国本土に親会社がある香港法人の子会社である株式会社の設立。

 5.中国本土のコングロマリット傘下の香港法人の孫会社である株式会社の設立。

 6.日本法人とシンガポール法人の合弁による株式会社設立。

 今年は、同様の案件が少し多いような気がする。

 一方、不動産ファンドの物件取得の案件がめっきりと少なくなったようだ。

 

|

« スパムメールは、何とかならないものか? | Main | 約4時間の着金待ち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/41481372

Listed below are links to weblogs that reference 渉外事件諸々:

« スパムメールは、何とかならないものか? | Main | 約4時間の着金待ち »