« 今、受託中の渉外事件 | Main | 会社買収は増加する »

October 07, 2008

新たに進出して来るファンドもある。

 今日の日経平均は、ダウに習い、一時、金10,000円を割り込んだ。

 ヨーロッパの金融パニックは、収束の兆しがない。アメリカよりも不動産バブルが増幅していたイギリスは、これからさらに大変になるかもしれない。

 世界金融の混乱を尻目に、依然として、新たに日本に進出してくるファンドもある。今日は、そんなファンドのスキームの一環として、合同会社の設立登記申請を行った。アメリカではは、まだまだ、資金を持っている人はたくさんいるそうだ。ファンドを立ち上げようとすると500億円程度はすぐに集まるという。

 また他方では、アメリカの失業率は上昇中だ。アメリカの格差社会を拡大させたのは、現大統領ジョージ・ブッシュだ。

 昨晩は、当事務所にインターンシップでいたアメリカのロースクールの学生と晩飯を食べた。アメリカには、人種差別は、厳然としてあるが、今回ばかりは、アメリカの多くの国民は、=ブッシュのマケインよりもオバマ候補に期待しているという。

 それにしても、なぜ、マケイン候補は、ペイリン氏を副大統領候補に選んだのだろうか?これは、選挙戦においては、致命的なミスだった。テレビのアメリカ国民に対するインタビューを見ていると、すでにアメリカ国民もペイリン氏を副大統領にすることの危うさに気付いているようだ。

 アメリカの金融システムの崩壊、アメリカの地位の相対的低下とともに現れる新しいアメリカ大統領に期待が集まる。スマートで、演説もうまい。

 おそらくオバマ候補は、大勝するだろう。

 

 

  

|

« 今、受託中の渉外事件 | Main | 会社買収は増加する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/42714845

Listed below are links to weblogs that reference 新たに進出して来るファンドもある。:

« 今、受託中の渉外事件 | Main | 会社買収は増加する »