« 合弁契約におけるモヤモヤ感 | Main | 合弁契約書における聞き慣れない言葉 »

February 03, 2009

中国人観光客で賑わう北海道

 先月末、うちの家族が北海道に旅行に行った。

  然別湖

  旭山動物園

  阿寒湖及びマリモ

  オホーツク海の流氷

 などが、見どころだったらしい。残念ながら流氷は接岸しておらず、見ることはできなかったそうだ。

 驚いたことは、これらの至るところで、中国人観光客に出くわしたことだという。

 富士山、箱根、浅草、ディズニーランドあたりのみならず、ここまで来ているとは。

 先日、友人のオーストラリア人が、オーストラリアから日本に観光に来ていて、野沢温泉で、ばったりとオーストラリアの知人と出くわしたそうだ。

 東アジア、東南アジア及びオセアニアは、観光的には、一つの商圏に統一されつつあるのだ。海外の人に観光地としての魅力を上手くアッピールできれば、賑わうだろう。

 しかし、一つの商圏ということになれば、海外の観光地もコンペティターになるということだ。海外観光地との競争に勝ち抜くマーケティングが必要となる。

 東アジア、東南アジア及びオセアニアの商圏の統一化は、観光業だけではない。

 我々の仕事にも何らかのビジネスチャンスがあるはずだ。

 時々、 東アジア、東南アジア及びオセアニアに出て行き、現地を見てくる必要がある。

|

« 合弁契約におけるモヤモヤ感 | Main | 合弁契約書における聞き慣れない言葉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/43944104

Listed below are links to weblogs that reference 中国人観光客で賑わう北海道:

« 合弁契約におけるモヤモヤ感 | Main | 合弁契約書における聞き慣れない言葉 »