« 便宜的手段から本来の姿へ | Main | 不動産ファンドへの資金回帰 »

September 01, 2010

充電期間が終わった

ほんとに、長い休みだったが、本日から復帰した。聞けば、かつてのブログの女王のブログも更新されていないそうだ。

ありがたいことに、このブログから辿って、事務所にご連絡をいただくお客様も多い。

頑張って、続けよう。

昨日は、アポなしで、外国人の方が、いらっしゃった。会社の設立とVISAの取得の仕事だった。明日には、帰国するので、今日中に、出来るだけのことをしたいと、おっしゃる。一連の手続について、説明して、着手金をお預かりした。出資者は、テロ組織の拠点があると言われる国籍者なので、念のために、外為法の事前届が必要ないかどうかをチェックした。

ちなみに、日銀が提供している「外為法Q&A」(対内直接投資編)は、頻繁に改定されるので、時々、日銀のHPでチェックするとよい。

代償分割による遺産分割協議が成立した。アメリカ在住のアメリカ人に、代償金を送金して、事件が完了した。クライアントに、「外国送金依頼書」と「外国向送金計算書」の写しをファックスして、ご報告を終えた。

Kurihara@a-ctokyo.com

|

« 便宜的手段から本来の姿へ | Main | 不動産ファンドへの資金回帰 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/49314449

Listed below are links to weblogs that reference 充電期間が終わった:

« 便宜的手段から本来の姿へ | Main | 不動産ファンドへの資金回帰 »