« 中国の裁判所に提出する日本の会社の代表者の代表権限を証する書面は? | Main | 外国会社の登記 ニュージーランド »

February 13, 2013

いかん!また、冬眠生活に入ってしまう。

少し、ブログを書くのを少しサボった。書く癖を着けないと、また、冬眠状態になってしまう。

あんまり内容の無いことを書いてもしょうがないけど、頑張って続けるようにしよう。

月初に、設立した合同会社について、持分の一部譲渡に伴う変更登記を受託している。この辺りは、まだ、文献が十分ではないようだ。書式精義にも掲載がない。

うちのクライアントは、外資系が多いので、英語とのバイリンガルの書類の作成が求められることが多い。株式会社の定型的書類については、大分、蓄積ができたのだが、合同会社に関しては、まだまだだ。社員の同意や定款変更に関する同意書程度ならばよいが、変則的な定款などを作る場合は、英訳が大変だ。

今回は、香港在住のイギリス人が、持分を一部譲り受けて、代表社員になるケースだ。別途、会社印を作成して法務局に届け出るとのことなので、印鑑届に添付するサイン証明書の取得をお願いした。

イギリス大使館のHPには、サイン証明書のフォームがアップされていないので、電話をかけて、わざわざメールで送ってもらった。そうまでしなくても、良いんだと思うが、メールで送ってもらったのには、レターヘッドが付いているので、これを使おう。クライアントは、明日、在香港イギリス大使館に行って、認証を受けるというので、至急、彼の個人情報を打ち込んで、メールで送付した。

 

 

|

« 中国の裁判所に提出する日本の会社の代表者の代表権限を証する書面は? | Main | 外国会社の登記 ニュージーランド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67543/56757404

Listed below are links to weblogs that reference いかん!また、冬眠生活に入ってしまう。:

« 中国の裁判所に提出する日本の会社の代表者の代表権限を証する書面は? | Main | 外国会社の登記 ニュージーランド »