November 05, 2008

スイス出張(2)

 チューリッヒでは、営業活動及びクライアントのオフィスを数件、訪問した。

 そのほか、国際救難活動を行うNPO団体の代表者の会議に出席した。

 内訳は、スイス2名、ドイツ1名、アメリカ1名、ベルギー1名、オーストリア1名、日本1名。

 会議は、英語で行われたが、実態は、ドイツ語訛りの英語、ヒンズー語訛りの英語、日本語訛りの英語だ。言語は、多数決の世界だ。ドイツ語訛りの英語が優勢。

 スイスは、国際的な国だが、最近は、国力の伸長に伴いインド系の住民、ビジネスマン、観光客が目立つようになったという。日本人は、観光地には相変わらず多いという。7、8月のベストシーズンには、ユングフラウなどの山は、日本人観光客が大挙する。でも、季節はずれのチューリッヒ市内には、日本人はほとんど見かけない。

 チューリッヒのダウンタウンで、気に入ったレストランは、次の2つだ。

 HILTL AG
・・・ランチを食べた。スイス料理を中心として、種類が豊富でとても美味しい。ランチの時間帯は、ビジネスパーソンでとても混雑するが、少し時間をずらすと、待たされることはない。ランチ時間帯には、バイキングもある。

 

Zeughauskeller・・・1487年に建造された中世の武器庫を改良して、スイス料理のレストランとなっている。雰囲気も料理もGood。日本語のウェブサイトもある。

 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

上海のお勧め北京料理店

 上海で、北京料理とりわけ北京ダックを食べるとすれば、北京料理専門店「燕雲楼」だ。それほど、有名な店だとは知らなかったが、「地球の歩き方」にも載っているくらいなので、日本人観光客も最近多くなっているらしい。ヤフーで、「燕雲楼」を検索すると43件がヒットした。観光案内の雑誌を見て、行っても満足しないことも多いが、ここ「燕雲楼」は“当り”だ。とにかく安くて美味しい。
 
 目当ての北京ダックは、1羽で1,000円ちょっとの値段だ。客のほとんどが北京ダックを注文するので、絶え間なく焼いているようだ。注文してもあまり待たされることなく北京ダックが出てくる。テーブルの傍で、お皿の上に削ぎ落としてくれる。食べ方は、日本の中華料理店で食べると同じ方法だ。薄く焼いた小麦の皮にたれを塗って、細く切ったねぎとダックをはさんで、巻いて食べる。たれの味が、好きだ。正直、満足行くほど、北京ダックを食べたのは、この店が初めてだ。ただ、他の料理も食べるので、4分の1羽で充分だ。他にも生け簀から、自分で選んだカニや貝を好みの料理法で料理してくれる。

 とにかく、日本で食べたらいくらになるのか心配になるほどの高級食材をたくさん食べても3,000円で充分にお釣りがくる。上海に行ったら、1回はここで食事をする。
 
 「燕雲楼」  http://www.gocoo.net/rest/rest2.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2005

上海でお勧めの湖南料理

 上海へ出張の方に、地元で人気の湖南料理(湘菜)を紹介する。湖南料理は、四川、広東、山東、安徽、福建、江蘇、浙江とともに中国八大料理のひとつに数えられる。湖南省は、中国沿海部の各州に比べて、あまり馴染みが無いかもしれない。湖南省は、長江の中流にあり、洞庭湖の南にあることから“湖南"と呼ばれている。また、省内を流れる湘江にちなんで、省の略称として“湘"が用いられる。

 私は、上海のホテルオークラ(花園飯店)近くにある「滴水洞 湘菜館」で湖南料理を初めて食べた。上海在住の日本人がお勧めのレストランだ。夜は早めの時間に入店しないと、待たされる。予約しておくのが無難だ。地元の人も多いが、白人の観光客も目立つ。

 湖南省料理はとにかく辛い。ほとんどすべての料理が赤い。唐辛子の色だ。日本では、四川料理がポピュラーだが、湖南料理はそれに負けていない。まず、店のHPでも紹介されている「梓元排骨」。スペアリブを唐辛子の粉に漬け込んだようなものだ。ビール無しには、到底食べることはできない。しかし、美味い。癖になる。半分くらいまで噛り付いていると汗が噴出してくる。次に、名前は忘れたが、10センチ前後の長さの海老を串に刺して、唐辛子の粉をまぶして焼いたようなものだ。これももちろん辛い。これが、一皿に15本くらい乗って出てくる。ヒーヒーと言いながら、食いつく。また、ビール。最後に、鍋。赤い汁で、牛肉を煮込んだ鍋。ところどころに唐辛子が浮いている。牛肉の旨味が出ているので、こくがあって美味い。だが、滅茶苦茶に辛い。これは、胃腸の弱い人は避けた方がよいかもしれない。この鍋には、ご飯が欲しくなる。他にも数品食べたが、辛くないのはチャーハンだけだった。
 結論として、湖南料理は“メチャカラ美味い”。日本でも湖南料理の専門店をやったら繁盛するかもしれない。

 
 「滴水洞 湘菜館」 http://www.dishuidong.com

| | Comments (1) | TrackBack (0)